金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

みずほ銀行が東京大学とAIを活用した外為取引の共同研究を開始へ

みずほ銀行が、東京大学の研究グループ、IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンスと共同で、人工知能(AI)を活用した外為取引の行政研究を開始する。
通貨スワップ取引で、AIで大量のデータを分析し、取引のスピードアップ、リスク軽減、そして収益増大を目指す。

AIで為替取引高度化、東京大学がみずほ銀行と研究 | 大学ジャーナルオンライン

東京大学大学院工学系研究科の松尾豊特任准教授らの研究グループは、みずほ銀行(東京、藤原弘治頭取)、ビッグデータ解析、AIによる経営支援のIGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス(東京、川上登福社長)と人工知能(AI)を活用した外国為替取引高度化の共同研究に着手する。


みずほ銀行によると、3者は異なる通貨間の交換レートを約定し、定められた期日に通貨交換をする外国為替取引で、AIを使ってビッグデータを解析し、取引の迅速化や為替リスクの縮小、収益の増大を目指す。

さらに、これまでは主にディーラーが進めていた取引をAIに代行させ、顧客に迅速でうま味のある取引レートを提示、健全で透明性の高い市場の発展に貢献したいとしている。

東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」

関連記事