金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

日本IBMが証券向けAPIを開放へ

日本IBMは「FinTech証券共通API」の提供を開始した。資産残高、注文履歴、取引・入出金履歴、NISA履歴といった証券業務に必要なAPI群が提供される。各種のオープン規格にも対応しており、導入のハードルも低そうなため、今後の動向に注目したい。
金融系のシステム連携の仕組みとしては、NTTデータのANSER(アンサー)など古くから使われているものもあるが、独自仕様のため、導入のハードルが高かった。

IBM ニュースルーム - 2017-06-28 「FinTech証券共通API」、証券業界のフィンテックを支援 - Japan

日本IBMは、証券会社およびフィンテック(FinTech)サービスを提供する企業向けに、オープンかつ汎用的な「FinTech証券共通API」の仕様を本日より提供開始します。これにより、FinTech企業は証券会社と連携したサービスを展開しやすくなります。日本IBMは、昨年から銀行およびクレジットカード・信販業界向けに共通APIを提供しており、今回の発表により、フィンテックの支援をさらに拡充します。

絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み

関連記事