金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

SBIホールディングスとタイのサイアム商業銀行がブロックチェーン送金を開始へ

SBIホールディングスは6月30日からブロックチェーンを活用した国際送金サービスを開始する。タイのサイアム商業銀行との送金がほぼリアルタイムで、これまでの10分の1の手数料で行えるようになる。

SBIホールディングスは、横浜銀行りそな銀行などからなる「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」にも参加してブロックチェーンを活用した送金サービスの準備を進めており、2017年冬に海外送金、年末に国内送金のサービス開始を目指している。

SBIホールディングスは仮想通貨などの基幹技術「ブロックチェーン」を使った国際送金サービスを30日に始める。タイのサイアム商業銀行と提携、日本・タイ間で瞬時にやり取りできるようにする。大手銀に比べて10分の1程度という手数料を売り物にする。

(中略)

SBIによると、国内大手行の場合、日本からタイへ3万円を送金するには3~5日を要し、数千円の手数料がかかることが多い。新サービスでは2~5秒に短縮され、手数料も数百円程度と約10分の1になる。

ビットコイン「送金・利用」についての基礎知識?ビットコインFAQその2 ビットコインの基礎知識

関連記事