金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

シンガポールで携帯番号で送金できるサービスが開始へ

シンガポールの主要銀行が携帯番号だけ送金可能なサービスを7月10日から開始する。他行であっても送金手数料は無料。まずは個人間の送金に対応し、今後は企業と個人間の送金、公的支払にも拡大を目指す。

シンガポール銀行協会、携帯番号で送金可能に 7行の口座間で :日本経済新聞

シンガポール銀行協会(ABS)は27日、携帯電話番号だけで個人の銀行口座間の送金ができるサービスを同国内で7月10日に開始すると発表した。同国の政策の一つであるフィンテック産業育成の一環として立ち上げ、送金の手間やコストの削減を狙う。

新サービス「ペイナウ」はシンガポール最大手行のDBSグループ・ホールディングス、オーバーシー・チャイニーズ銀行OCBC)のほか、米シティバンク、英HSBCなど全7行の口座なら、他行であっても個人間で無料で送金できる。受け手があらかじめ携帯番号を登録していれば送金先に携帯番号も指定できる。ただしサービスは国内口座間に限る。

なぜ? シンガポールは成功し続けることができるのか

関連記事