金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

森金融庁長官が3年目も続投の見込み

金融庁の森信親長官が3年目も続投する見込み。
森長官はこれまでに、投資商品の手数料開示など金融機関に顧客本位の業務運営を要請したり、地方銀行の地域への貢献度を測るベンチマークの導入などを推し進めている。
森金融庁長官、豪腕改革の先行きは 3年目続投へ :日本経済新聞

目下の課題は地方銀行を通じた地方創生の底上げだ。森氏は地銀に運用やカードローンなどに過度に依存せず、ベンチャー支援や観光産業への融資などによる地方活性化を促してきた。

金融検査体制の見直しも残る。地銀の箸の上げ下ろしにまで注文を付ける行政を改め、検査と監督の方針の一本化をめざす。不良債権処理が一段落し、金融機関に変化を求める手前、自前の組織改革にも取り組む。

ただ地銀には戸惑いも広がる。「説教ばかり受けている感じ」(中部地方の地銀)、「貸したくても資金需要は縮むばかり」(関西地方の地銀)とぼやく声は多い。金融機関の不満と不安を払拭するきめ細かい対話が問われる。

ドキュメント 金融庁vs.地銀 生き残る銀行はどこか (光文社新書)

関連記事