金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ソフトバンクとみずほ銀行が人工知能を活用した個人向け融資サービス開始へ

みずほ銀行ソフトバンク人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業を2017年9月から始める。
新サービスでは、個人の銀行口座の入出金履歴や携帯電話料金の支払い状況、職歴などのデータをもとにAIが与信スコアを判定し、スコアに応じた融資上限や貸出金利が決まる。
金利は現行のカードローンよりは低くなる見通し。
若年層が自己投資のための資金としての利用を視野に入れている。
ソフトバンクはアメリカのオンライン融資仲介サービスのソーシャル・ファイナンスに出資しており、ソーシャル・ファイナンス社のノウハウも活用して事業を進めると見られる。

個人融資をAI審査 みずほ・ソフトバンク、最短30分 :日本経済新聞

みずほ銀行ソフトバンクは9月から、人工知能(AI)を使った個人向け融資を始める。銀行口座の入出金履歴や携帯電話の利用料金の支払い状況などをもとに信用力を点数化し、最短30分で融資する。AIを使った個人向け融資は国内初。20~30歳代の利用を想定し、収益の柱に育てる。

信用力を点数化して貸し出す手法は「スコア・レンディング」と呼ぶ。みずほ銀とソフトバンクが昨年、共同出資で設立した「Jスコア」が事業を担う。客はスマートフォンスマホ)で必要な情報を入力すれば、1000点を上限とする点数により貸出額や金利を決める。貸出額は年収の3分の1までとする。

SoftBank HAWKS(ソフトバンクホークス) Majestic製レプリカキャップ(フリーサイズ)

関連記事