金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

福岡銀行がビッグデータを活用した融資審査を開始へ

福岡銀行は日本リスクデータバンクと連携して、ビッグデータを活用した融資審査を開始するとのこと。
福岡銀行のホームページ、もしくはマネーフォワード経由で取引情報を提出することで、審査が行えるようになる。
融資判断にビッグデータ 福岡銀 手続き簡略、審査短く :日本経済新聞

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下の福岡銀行は、中小企業への融資判断にビッグデータを活用すると発表した。信用情報会社、日本リスク・データ・バンク(東京・港、大久保豊社長)と連携し、申し込みから契約までの手続きを簡略化。審査時間を短くして利便性を高め、顧客の裾野を広げる。

事業性融資商品「ふくぎんビジネスローン『ファストパス』」の取り扱いを始めた。日本リスク・データ・バンクと共同開発した審査モデルを活用して顧客の取引データを分析、ウェブ上で全ての審査を終わらせる。企業は決算書などを提出しなくても審査が受けられる。

融資の申し込みは福岡銀のホームページか、マネーフォワードが手掛ける資金調達サービス「MFクラウドファイナンス」を通じて行う。福岡銀との取引履歴がない企業でも、マネーフォワードを通じて他行口座での取引データを提供すれば与信判断ができる。マネーフォワードと連携して融資商品を提供するのは地方銀行で初めてという。

関連記事