金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

NTTデータが銀行とFintech企業の連携クラウドを2017年秋に提供へ

NTTデータは銀行とFintech企業をつなぐクラウドの提供を2017年秋にも提供するとのこと。家計簿アプリや会計ソフトを手掛ける会社は銀行と個別に連携するシステムを構築する必要がなくなり、新サービス開発のスピードアップが期待できそう。
NTTデータの提供するWebと銀行の連携ASPサービスのAnserBizSOL(法人向け)、AnserParaSOL(個人向け)にAPI連携機能を追加すると見られる。そうであれば、AnserBizSOL、AnserParaSOLとも地銀のオンラインバンキングの基盤として広く利用されており、利用中の銀行は現在のシステムのままAPI連携を使えるようになる見込み。国内の銀行連携システムのデファクトスタンダードになる可能性もある。

NTTデータ、銀行とフィンテック企業つなぐクラウド提供 :日本経済新聞

NTTデータは今秋に金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック事業を手がける企業と、国内の銀行をつなぐクラウドサービスを始める。フィンテック企業と銀行が個別に連携システムを構築する必要がなく、家計簿アプリなど新たなフィンテック関連事業の展開が容易になる。

フィンテック企業が個人向けの家計簿アプリや、法人向けの経理サービスを提供するには、銀行との間で残高照会や振り込み依頼などのデータをやり取りする必要がある。今回NTTデータが始めるクラウドサービスは両者を仲介する機能を持つ。

NTTデータ 水彩で描くパソコン絵画入門

関連記事