金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

大手コンビニ5社が2025年までにICタグによるセルフレジ導入を目指す

大手コンビニ5社はICタグを活用したセルフレジを2025年までに国内全店での導入を目指す。
経済産業省とコンビニ5社が共同で発表する「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」で取り扱う全ての商品にICタグを貼り付けると明記する。
ICタグの生産コストは1枚あたり10~20円でコストの削減が課題。経産省は技術開発と量産化に向けてタグを開発する企業への補助金などの施策も展開する予定。
全コンビニに無人レジ 大手5社、流通業を効率化 :日本経済新聞

セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入する。カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグを使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する。深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上につなげる。

経済産業省と共同で発表する「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」に、25年までにセブンイレブン、ファミマ、ローソン、ミニストップニューデイズで取り扱う全ての商品(計1000億個)にICタグを貼り付けると明記する。

コンビニで買い物をする消費者は商品をカゴや袋に入れたまま専用機械を組み込んだ台に置くだけで会計できる。スーパーではバーコードを一つ一つ読み取るセルフレジが広がりつつあるが、日用品を扱う大手がカゴごとに瞬時に会計できる仕組みを全面導入するのは世界でも例がないという。

コンビニ大手5社が共通のICタグを使うことで納入業者が異なる規格に対応する必要がなくなる。経産省は各社の系列のスーパーやドラッグストアなどに活用が広がることを期待している。

アンパンマン お弁当あたためますか? いっぱいおかいもの! アンパンマンコンビニ

関連記事