金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三井住友カードがDataRobotを導入 販促や与信に活用目指す

三井住友カードは、アメリカのベンチャー企業データロボットの機械学習ソリューションを導入した。販促や与信管理への活用を目指す。

DataRobotは過去のデータから特徴や傾向を分析し、未知のデータから答えを予測する機械学習モデルをユーザ自身で作成できる。
DataRobotにはデータ分析のコンテストサイトKaggleランキング上位の世界トップレベルのデータサイエンティストが多数在籍する。そのデータサイエンティストが構築した高精度な複数の分析モデルを利用者は使うことができ、ユーザ主導で高精度なモデルを作成できる。

同様のユーザ主導で機械学習が利用できるプロダクトには国内だとMAGELLAN BLOCKSやナレコムAIがある。

三井住友カード、販促や与信管理にAI導入 :日本経済新聞

三井住友カードは4月から販促やクレジットカードの与信管理にAI(人工知能)を導入した。システム開発を手掛ける新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)と連携。カード利用者の属性や決済データを分析し、顧客のニーズに応じた割引などの販促に生かすほか、カードの与信枠の設定などにもAIを活用する。

メカ沢くん 1 (コミックボンボン)

関連記事