読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ビックカメラ有楽町店などでビットコイン決済を試験導入へ

ビックカメラは、ビットコイン取引所のビットフライヤーと連携して4月7日から有楽町店と新宿東口店でビットコイン決済を試験導入する。
また、リクルートライフスタイルはコインチェックと組んで、レジアプリ「Airレジ」で利用店舗が希望すればビットコインで支払えるようになる。エアレジは国内26万店で利用されており、ビットコイン決済ができる店舗が急拡大する可能性がある。

4月1日に改正資金決済法が施行され、仮想通貨の取引所に登録制が導入された。また7月からは仮想通貨購入時の消費税がなくなるという追い風もあり、なかなか普及しなかった国内でのビットコイン決済が拡大しそうで今後の動向に期待したい。

ビットコイン対応26万店 ビックカメラなど導入 :日本経済新聞

ビックカメラビットコイン取引所国内最大手のビットフライヤー(東京・港)と組み、7日から旗艦店の有楽町店(東京・千代田)とビックロビックカメラ新宿東口店(東京・新宿)でビットコインによる決済システムを試験導入する。決済の上限を10万円相当とするが、現金と同率でポイントも還元する。利用動向を見ながら、他の店舗への展開を検討する。

リクルートライフスタイルは取引所のコインチェック(東京・渋谷)と組み、タブレットを使ったPOS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」を使う店舗が希望すればビットコインで支払えるようにする。

タブレットなど店舗の端末と消費者のスマートフォンスマホ)を使って決済すると、その額がビットコイン口座から引き落とされる。コインチェックが日本円に変換し、店舗に振り込む。

ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本 (とはなにか?シリーズ)

関連記事