金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

マクドナルドがクレジットカードや電子マネーなど支払い手段を多様化へ

マクドナルドは2017年夏からクレジットカードや電子マネーでの支払いに順次対応する。
クレジットカードはVisaやMastercardなど主要国際ブランドに対応する。
電子マネーは2008年からiD、WAON楽天Edyに対応しているが、さらにSuicaPASMOnanacoなどにも対応できるようにする。
2019年以降にはMastercardコンタクトレス、Visa payWaveにも対応する。

銀聯、アリペイ、ウィーチャットペイなど支払い手段の多様化は、様々な業態で進められている。
東急百貨店は外貨建てカード決済、銀聯カードや新韓カード、アリペイ、ウィーチャットペイにも対応している。
またローソンもアリペイでの支払いに対応している。

マクドナルド、全店でカード決済 訪日客に対応 :日本経済新聞

日本マクドナルドは来店客の支払い方法を増やす。今夏から順次、全店でクレジットカードを使えるようにするほか、主要な交通系電子マネーにも対応。来年からは海外で普及している後払い方式の電子マネーも使えるようにする。ファストフード各社は支払いに時間がかかる恐れのあるクレジットカード決済などに慎重だが、マクドナルドは訪日外国人の取り込みにつながると判断した。

(中略)

国内のファストフードチェーンでクレジットカードを導入する例はまだ少ない。支払いに時間がかかる懸念があることや、カード会社への手数料がかかることなどが理由だ。モスフードサービス吉野家もまだ対応していない。

ドナルドトランプ グッズ かつら ウィッグ 大人用 コスプレ 変装 仮装 [並行輸入品]

関連記事