読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

コンピュータウィルス ドリームボットの被害を国内で初確認

銀行口座から自動で不正送金するコンピュータウィルス「ドリームボット」の被害が国内で初めて確認されたとのこと。
感染するとワンタイムパスワードの入力を求める画面が表示され、偽の画面だと気づかずに入力すると、犯人の口座に自動的に送金されてしまう。
国内ネットバンキングを狙う新たな脅威「DreamBot」を解析 | トレンドマイクロ セキュリティブログ

預金を自動で不正送金 警視庁、ウイルス被害を確認 :日本経済新聞

警視庁は16日、インターネットバンキングの預貯金を自動で不正送金する新型コンピューターウイルス「ドリームボット」の被害を国内で初めて確認したと発表した。同庁などは利用者が感染しているかどうかを確認できるサイトを開設し、注意を呼びかけている。


同庁によると、ドリームボットは大手銀行を含む国内3行のサイトに対応。感染者がサイトに接続すると、ワンタイムパスワードの入力を求める偽の画面が表示される。入力すれば預貯金が犯人側の口座に自動で送金されてしまうという。

関連記事