読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

法人のFX取引にも倍率規制設定へ

FX取引の倍率規制が2月27日から法人にも適用される。
上限は過去の為替変動幅をもとに通貨の組み合わせごとに毎週決定される。

法人のFX取引、規制強化 27日から :日本経済新聞

金融庁は法人の外国為替証拠金(FX)取引に対する規制を27日から強化する。これまでFX会社の裁量に任せてきた証拠金率の設定に、一定のルールを設ける。為替相場の急変に備えてリスク管理を徹底し、取引する法人やFX会社の損失を抑える。新ルールの下ではドル円取引で「証拠金の50倍程度までに制限される」(国内FX会社)との見方が出ている。

昨年改正した金融商品取引業等に関する内閣府令が27日から施行する。

新たなルールでは、FX会社が過去の変動率などに基づいて毎週、通貨ごとに証拠金率を設定する。個人のFX取引にはこれまで証拠金の25倍までと制限があったものの、法人の場合はFX会社が任意で証拠金率を設定していた。

関連記事