金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

中国人民銀行が大手ビットコイン取引所への立ち入り検査を実施

中国人民銀行は1月11日にビットコインの大手取引所の比特幣中国(BTCC)、火幣(Huobi)、幣行(OKcoin)に対して立ち入り検査を実施した。価格操作やマネーロンダリングなど違法行為がないかを調べる狙いがあったと見られる。
中国のビットコイン取引所に立ち入り検査 - WSJ

【北京】中国の規制当局は11日、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の複数の取引所で立ち入り検査を行ったと述べた。人民元の下落を踏まえ、資本流出抑制の取り組みを強化した。

中国人民銀行中央銀行)上海支店がウェブサイトに掲載した文書によると、必要な政府認可や免許なしに事業が行われていないかを調べるため、複数の当局から派遣された職員が比特幣中国(BTCC)の拠点で検査を行った。価格操作に従事していないか、反マネーロンダリング資金洗浄)規制に順守しているかを確認する狙いもあった。

立ち入り検査を受けたのはBTCCのほか、火幣(Huobi)と幣行(OKcoin)の中国本土ビットコイン主要取引所3社。いずれもコメントを求める取材に応じていない。

関連記事