金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三井住友FGがアイルランドDaon社と生体認証プラットフォームの新会社設立へ

三井住友フィナンシャルグループは生体認証プラットフォームを提供するアイルランドのDaonなどと提携して、新会社を立ち上げる。
2017年春に生体認証プラットフォームを利用可能なスマートフォンアプリを提供する予定。
Daonの生体認証システムは成田空港の入出国審査でも利用されており、顔写真および指紋による認証を行っている。
NEC and Daon Enables Unparalleled Speed of Deployment for Japan Biometrics Identification System /PR Newswire UK/
SMFG、NTTデータ、三井住友銀、Daonの4社、生体認証プラットフォームを2017年春に提供 -INTERNET Watch

三井住友、生体認証決済の新会社を立ち上げる | 財経新聞

三井住友フィナンシャルグループ(以下、三井住友)が、この春にも、国内のIT企業やアイルランドの企業と提携し、指紋・声紋・顔などで個人を認証、通販や旅行などの決済への利用を可能とする新企業を立ち上げるという。

(中略)

三井住友の作る新会社は、スマートフォン用の専用アプリを作成し、指紋などの生体情報をパスワードの代わりに利用できるようにする。つまり、利用者はまず、事前に自分の顔や、声や、指紋などのデータをスマートフォンに登録しておく。

そして、買い物などのたびに画面に指で触れたり、直接音声認証で声紋を確認させたり、カメラで顔を確認したり、そういったことで個人認証を済ませることができるようになる。これによって、単にパスワードを覚える手間がなくなるだけでなく、セキュリティ性もより高まることになるというわけだ。

関連記事