読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

仮想通貨取引所向けの保険を三井住友海上が開始へ

三井住友海上火災保険は仮想通貨のトラブルを補償する保険の販売を11月中に開始する。
保険は仮想通貨を取り扱う取引所が対象で、サイバー攻撃による仮想通貨の盗難だけでなく、取引所のオペレーションミスや不正による被害も補償する。原因調査費用も補償する。
仮想通貨取引所のビットフライヤーと共同で開発したもので、第1弾としてビットフライヤーと契約する。
三井住友海上、仮想通貨保険を発表 :日本経済新聞
仮想通貨の盗難補償 三井住友海上が保険 :日本経済新聞

仮想通貨の利用者はビットフライヤーのような専門の取引所に口座を設け手数料を支払って仮想通貨を売買している。今回の保険は取引所が加入対象で、サイバー攻撃などで仮想通貨が盗難・消失した際の損害額を補償する。取引所自身の被害だけでなく、口座に預けてあった利用者の仮想通貨も補償の対象となる。

補償額は1000万~10億円で、保険料は取引所の手数料収入の額に応じ数十万~数百万円。サイバー攻撃のような不正アクセスだけでなく、取引所の従業員のミスや不正なども補償範囲に含まれる。被害者への通知や海外からの賠償請求にも対応する。海外では一部にこうした保険があるが、国内では初めてだ。

NewスーパーマリオブラザーズU サウンドフィギュア 10コインブロック

関連記事