読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

銀行勘定系システムでNTTデータが勢力拡大

東日本銀行は勘定系システムを富士通からNTTデータの「MEJAR」に、山陰合同銀行日立製作所からに地銀共同センターに更新する。
現在、MEJARには横浜銀行七十七銀行北海道銀行北陸銀行の4行、地銀共同センターは京都銀行、西日本シティ銀行、秋田銀行など14行が利用している。
基幹システム、NTTデータが勢力拡大 山陰合銀など採用 :日本経済新聞

東日本銀行は2019年1月、山陰合同銀行は19年度下期から20年度上期に、預金などを管理する基幹系システムをNTTデータの製品に切り替える。NTTデータは同一のソフトを基に複数の基幹系システムを構築し、地方銀行などに拡販してきた。兄弟関係にある基幹システムを使う銀行は4グループ・39行に増え、多数派を形成する。IT(情報技術)を使って金融の利便性を高めるフィンテックのサービス開発でも影響力が強まる可能性がある。

関連記事