金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

マイクロソフトと三井住友銀が銀行内業務の照会に人工知能活用

マイクロソフト三井住友銀行人工知能(AI)を利用して行員からの質問に自動で応答するシステムの開発に着手した。社内システムの使用方法や人事規定、商品情報などの照会への活用を目指す。
三井住友銀行はコールセンター業務でもIBM人工知能ワトソンを導入している。
ニュースリリース : 三井住友銀行

行員の照会にAIが回答 日本MSと三井住友銀が開発へ :日本経済新聞

日本マイクロソフト(MS)と三井住友銀行は行員からの照会に人工知能(AI)が自動で応答するシステムの開発に着手した。過去の照会実績などを学習したAIが文字による対話で適切に回答する。顧客からの質問にAIが答えるシステムの導入が広がっているが、社内の業務改革にも浸透しそうだ。

(中略)

MSがクラウドサービスで提供するAI機能を使って構築する。社内システムの使い方を照会する仕組みを試作中で、10万件の照会実績や700件の質問集などをAIに学習させる。年内に実用性を評価し、早ければ2017年度上期にも本格導入する。

関連記事