読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

割賦販売法改正案でカード決済代行業者の任意登録導入へ

割賦販売法改正案では、クレジットカードの決済サービスを提供する代行業者を任意の登録制とする方針。
Fintechベンチャーが決済サービスを開発・提供しても、クレジットカード会社の審査を受けないと、加盟店はそのサービスを使えない、手数料もカード会社まかせ。
決済代行業者も加盟店審査をできるようになれば、今までカードが利用できなかった販売店がカード決済を使えるようになったり、手数料を柔軟に変えたりできるようになる見込み。
カード決済代行、登録は任意 割賦販売法改正案 :日本経済新聞

経済産業省は18日に閣議決定する割賦販売法改正案で、クレジットカードの決済サービスを提供する代行業者を任意の登録制とする。加盟店と直接契約するカード会社は登録制とする方針で、規制内容に差をつける。登録した代行業者は悪質加盟店かどうかを代行調査する業務を担えるようにして、登録する場合の利点を与える。

カード決済の分野では、スマートフォンを使って利用者が簡単に料金を支払えるサービスなどが日本でも広がっている。経産省はこうした代行業者には登録を義務づけず、金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」の普及を後押しする。

これまでカード決済の際に、レシートなど書面で支払代金などを提供する必要があったが、メールなどの情報提供で済むように規制も緩和する。レシートが不要になれば、加盟店のコストが減る効果が見込める

関連記事