読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

オンライン決済のストライプが日本でのサービス開始

アメリカのオンライン決済プラットフォームのStripeが日本で正式サービスを開始する。130以上の通貨での決済をが、Webサイトにコードを埋め込むことで可能になる。
手数料は取引額の3.6%で、初期費用や月額の基本料金は必要ない(振込は週2回以上は手数料がかかる模様)。

Stripe
ドル決済サービスStripeの全容をざっくり把握する - Qiita

米決済支援大手ストライプ、日本企業の海外進出支援 :日本経済新聞

米決済支援大手ストライプは4日、日本で正式にサービスを始めると発表した。日本企業が海外にサービスや製品を販売するときに元など130以上の通貨で決済できるようにする。企業がネットのサービス上で簡単に決済機能を追加できるようにするほか、米国進出を目指す日本企業が簡単に現地法人を設立できるよう支援するサービスも始める。

機械学習を使って不正な決済を防ぐ。手数料として取引額の3.6%を徴収する。簡単に導入でき、初期費用や月額の基本料金は必要ない。顧客企業が米アップルや米グーグルなどの決済サービスを受け付け可能にするのを支援する。決済に付随する会計管理、請求書の作成、法令順守の確認などの関連作業も一元管理できるようにする。

関連記事