読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

パナソニックがISDN回線からMVNOへの移行支援サービスを開始

パナソニックISDN回線からMVNO回線への移行支援サービスを2016年10月から開始する。
現行のシステムや端末を、シリアル接続などでISDNマイグレーション用M2Mゲートウェイと接続することで、現在のシステム、アプリケーションを引き続き利用することができる。
今はインターネットバンキングが主流ですが、昔は多くの企業がモデムやTAから電話回線を介して銀行システムにアクセスしていた。当時のシステムを中小企業だけでなく、大企業もまだまだ使い続けており、銀行側もサービスをやめられないでいる現状もあり、移行支援サービスには引き合いがありそう。
パナソニック、通信回線の移行を支援 ISDN終了に合わせ :日本経済新聞

パナソニックは5日、2020年度後半以降にサービス提供が終了する総合デジタル通信網(ISDN)を使った有線回線を移行させる支援事業を10月に始めると発表した。仮想移動体通信事業者MVNO)回線と呼ぶ無線を使う仕組みで、利用者は現在使っている設備に小型の機器を接続するだけで通信を続けられる。工事は不要で通信料も抑えられるという。

同社は14年にMVNO事業に参入し、NTTドコモの回線を借りて企業向けにサービスを提供している。新事業ではISDNを使う設備に機器を接続し、無線でパナソニックの通信設備に音声やデータを送信する。通信料はこれまでの3分の1程度に抑えられるという。


関連記事