金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

Googleと三菱東京UFJ銀行がAndroid Payを2016年秋開始の見込み

Google三菱東京UFJ銀行が電子決済サービス「Android Pay」をこの秋から日本で開始する見込み。サービス開始時は、三菱東京UFJの発行するデビットカードに対応する。
他の決済サービスと異なるのは、決済手数料がかからないこと。Googleは決済データを収集・分析して、自社の広告事業の収益拡大に活用する。日本国内の大手の電子マネー事業者と端末相乗りに向けた交渉も進めており、サービス開始時には多くの場所で使える可能性もあり、Suicaなどの対抗馬になりうるが、Googleに決済データを握られることに不安感を覚える利用者もいそうで、今後の動向を見守りたい。
グーグル決済、秋にも上陸 スマホ支払い :日本経済新聞

専用アプリをダウンロードし、提携金融機関が発行するクレジットカードやデビットカードを登録しておくと、店頭でカード情報を教えなくても、読み取り機にスマホをかざすだけで支払いができる。スマホのアプリで商品やサービスを購入する際の決済にも使える。

日本ではまず、三菱東京UFJ銀行が発行しているデビットカードに対応する。年内にも三菱UFJニコスが発行するクレジットカードでも使えるようにする。
(中略)
グーグルはJR東日本NTTドコモ楽天、ジェーシービー(JCB)など他の電子マネー大手と、読み取り機などシステムへの相乗りを求めて協議を進めている。利用場面を広げ、普及に弾みをつけたい考えだ。

アンドロイドペイはカード会社から決済手数料を取らない。グーグルは利用者の消費行動に関するデータを収集・分析。一人一人に提供する情報や広告の精度をさらに高めることで、収益の柱である広告事業の拡大を狙う。

Google公式 Android Team Tee フットボールチーム ドロイドくん Tシャツ(ブラジルワールドカップ記念) 【並行輸入品】 (M)

関連記事