金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

あずさ監査法人が監査にビッグデータ活用へ

トーマツ新日本監査法人に続き、あずさ監査法人も、監査にビッグデータを8月から活用していくとのこと。ビックデータ分析で全データから疑わしい取引をピックアップして、人の目で詳細を確認する。
あずさ、監査にビッグデータ活用 企業の全取引調査 :日本経済新聞

あずさ監査法人は8月中に、ビッグデータの分析手法を監査に取り入れる。監査を受託している全3482社を対象にする。企業の取引データをコンピューターで読み込み、関連データを突き合わせて疑わしい取引を自動的に洗い出す。上場企業の不適切な会計処理が相次ぐ中、監査業務の精度を高める狙いだ。

会計士が企業の取引や工事などの中身を調べる際は、一部の案件を抽出して調べるのが一般的だった。あずさの新手法ではすべての案件を対象にするため、不正を見落とすリスクを抑えられる。

関連記事