読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

みずほ銀行と三井住友銀行が10月から窓販保険手数料を開示

みずほ銀行三井住友銀行が窓販保険の手数料を10月から自主開示すると公表した。
三井住友銀行では行員の評価に手数料の多寡を含めないように人事評価を4月から変更している。北国銀行を始めとして、顧客目線のサービス提供を目指す動きが最近出てきており、そのためには人事評価制度の再設計も必要となる。三井住友銀行は手数料開示と評価制度の見直しがセットになっており、顧客サービス向上が期待できる。
目先の利益追求やめます 北国銀行、営業目標を撤廃:ニュース:全国経済:qBiz 西日本新聞経済電子版 | 九州の経済情報サイト

窓販保険、手数料開示やっと一歩 三井住友・みずほ発表 「顧客目線」広がるか :日本経済新聞

三井住友銀行みずほフィナンシャルグループは22日、窓口で保険商品を販売したときに自分たちが保険会社からもらっている手数料を10月から自主開示すると発表した。金融庁の要請を受けた措置で、窓販商品の3分の1程度が対象だ。他の金融商品地方銀行などで同様の動きが広がるかが焦点になる。
(中略)
三井住友銀は手数料開示に先立ち、4月から行員の評価基準も変更した。定額保険や変額保険といった大まかな区分だけ設け、その中では手数料の多寡にかかわらず評価を同じにした。営業員が高い手数料の商品を優先販売するのを防ぐ。

関連記事