金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

メガバンクが銀行窓販保険の手数料を10月から開示へ

三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行は銀行窓口で販売する外貨建や変額年金保険の手数料を10月から開示する方針。
金融庁が手数料開示を求めたが、収益への影響が大きい地銀の反発にあい見送ったものの、メガバンクが先行して開示することになった。消費者としては保険販売の透明度が高まり良い施策。
窓販保険 手数料開示へ 3メガ銀、予定通り10月に :日本経済新聞

三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3行と生命保険各社が外貨建て保険や変額年金の販売に伴う手数料を開示する方向で準備している。顧客に配るパンフレットに明記したり、窓口で行員が説明したりする見込みだ。三井住友信託銀行りそな銀行も10月開示で追随する可能性がある。

保険の営業改革では、一部のメガ銀が契約当初に一括で手数料を取る方式から、最初の手数料を抑えて契約後も定期的に一定額を受け取る方式に切り替え始めた。顧客に手数料目当ての保険販売をしていると疑われないよう、手数料の開示に加え、行員の評価体系の見直しも進めている。

関連記事