金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

NTTデータが法人向けにインターネットバンキングとのAPI連携サービス提供開始

NTTデータはAnserBizSOLへの外部連携のためのAPIの提供を始める。AnserBizSOL利用銀行に限られるが、freeeやマネーフォワード、弥生会計への入出金明細の取り込みがAPI経由で自動的にできるようになる。

AnserBizSOLはNTTデータの提供するASPサービス。Webの取引画面と銀行勘定系システムへの中継機能を提供することで、インターネットバンキングを地銀などが構築、サービス提供するのに利用される。以下の流れで、銀行システムにアクセスしインターネット上で銀行サービスを利用できる。

 

利用者←(インターネット)→AnserBizSOL←(ANSER通信。NTTデータの提供する入出金明細照会、資金移動の通信手順)→銀行勘定系システム

 

現在は提携先のクラウド会計企業などへの提供に限定されるが、独自の通信方式だったものが、WebベースのAPIが提供され、さらにこの方式をベースに標準化が進めば、AnserBizSOL利用銀行以外や新たなFintech企業への拡大も見込まれ、この先の金融サービス向上が期待できそう。

 

法人向けインターネットバンキングサービスにおける”Fintechと金融機関をつなぐAPI連携サービス”提供開始 | NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、クラウド会計サービスなどのFintechサービスと、NTTデータが金融機関に提供する共同利用型法人向けインターネットバンキングサービス「AnserBizSOL®」をつなぐAPI注1連携サービス(以下:本API連携サービス)を2016年10月より開始する予定です。

API連携サービスの最初の連携Fintech企業として、freee株式会社(以下:freee)、株式会社マネーフォワード(以下:マネーフォワード)と2016年10月より連携を開始し、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下:OBC)、弥生株式会社(以下:弥生)の2社とも順次連携を開始する予定です。NTTデータは各社に残高照会、入出金明細照会等の照会機能の提供を行います。これにより、各社が提供するクラウド会計サービスの利用者は、インターネットバンキングのIDとパスワードを預けることなく、NTTデータが提供する安全性の高い環境のもと、より利便性の高い会計サービスを利用することが可能となります。

関連記事