読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

2017年1月1日にうるう秒の挿入が決定。元旦の実施は2009年以来

2017年の元旦にうるう秒として 8時59分60秒が挿入されることが発表された。前回2015年7月1日の以来、1年半ぶり。
元旦の実施は2009年1月以来で、その後に構築されたり更新されたシステムも多く、金融系を始めとした多数のエンジニアが正月出勤を強いられそうです。
システムのうるう秒対応の主な方法は、時刻合わせを管理するntpdというモジュールをslewというモードにすることで行います。うるう秒の挿入により、真の時刻より、自システムが1秒進んでいるのを毎秒1000分の5秒のように少しずつ遅らせていき、最終的に真の時刻に同期させます。
プレスリリース | 「うるう秒」挿入のお知らせ | NICT-情報通信研究機構

平成29年(2017年)1月1日(日)午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入します。

関連記事