読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

カブドットコムとゼノデータラボがAIを利用した企業レポート自動作成システムを開発へ

カブドットコムとxenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)が共同で、決算短信や決算の説明資料などをAI(人工知能)により分析して企業レポートを自動作成するシステムを開発する。今まで分析しきれていなかった、中小型銘柄にも対応できるようになる。2016年夏にリリースの予定。

カブドットコム、AIで調査リポート 中小型銘柄を1分で :日本経済新聞

トヨタ自動車キヤノンなどの大型上場銘柄ではなく、大手証券会社のアナリストがリポートを作成していない中小型銘柄を対象にする。およそ3000社近くあり、まず100社程度でサービスを始める。

決算短信や決算の説明資料などを読み込んでリポートにする。AIが自然言語処理やPDFファイルの解析を通じて「どの事業分野が利益成長しているのか」が分かるような内容にする。作成までの時間は企業が短信を公表してから1分もかからないという。

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)は公認会計士出身の関洋二郎社長を中心に、財務分析用AIの開発を行っている企業。
MUFG Fintech アクセラレータにも、AIを用いた決算情報等の配信サービスの構築で、参加している。
xenodata lab.
三菱東京UFJ、Fintechアクセラレータ参加企業5社を決定 – finAsol

関連記事