金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

新生銀行がAI(人工知能)で消費者向けローンの審査開始

消費者向けローン、いわゆるサラ金の与信審査に人工知能を利用するということ。新生銀行はレイクを傘下にもち、サラ金のデータと銀行の入出金明細の両方を持っているので、それらを分析すれば、サラ金の見込み客を探しだしたり、貸し倒れリスクの高い顧客の洗い出しに利用できそうで、お金儲けのためのいいツールになる。
ただ顧客にとっては、サラ金の勧誘されたり、お金を貸してもらえなかったり、貸し剥がしにあったりする可能性も考えられ、銀行がますます「邪悪」なサービスになっていく。
新生銀、AIで融資可能額算出 取引明細などデータ活用 :日本経済新聞

新生銀傘下の新生フィナンシャル(東京・千代田)は1日、データ分析などを手掛ける「グリフィン・ストラテジック・パートナーズ」(東京・港)と新会社を設立した。年内にもグループの消費者金融「レイク」の与信審査や、提携する地銀向けの保証与信審査にデータ分析と人工知能(AI)を活用する。

顧客の口座情報のほか、入出金の履歴を示す取引明細などのビッグデータをAIを組み込んだプログラムが分析し、顧客の融資可能額を算出する。このほか性別や服装、申込書の筆跡といったデータも分析し、顧客の特性に応じて的確な融資を手掛けるようにする。

新生銀行とグリフィン・ストラテジック・パートナーズが新会社SecondXightを設立してサービスを準備している。同志社京都大学の人で立ち上げたベンチャーの模様。
ランサーズでロゴの募集してた。
IT×データ分析会社「セカンドサイト」の会社ロゴの依頼/外注 | ロゴ作成・デザインの仕事 | ランサーズ

FinTechをはじめ、ITとデータ分析(アナリティクス)を活用した会社です。
読みは「セカンドサイト」。
英語でSecond Sightは千里眼を意味し、アナリティクスを通じて、その中にある真実、あるいは未来を見通すことからこの名前にしました。さらに、SightのSをXに置き換え、変化や未知数を表現してます。
大手金融会社と少数精鋭のコンサルティング会社のジョイントベンチャーで、金融機関、保険会社、不動産会社、カード会社など金融系業界をメインターゲットにしつつ、通信、メーカーなど幅広い業界の企業を顧客とします。

関連記事