読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

東京スター銀行や百五銀行がネット不正送金対策にカメラ付き認証端末を提供

不正ネット送金防止のためカメラ付き認証端末をいくつかの銀行で導入する。
6月に東京スター銀行三重県百五銀行が導入、京都信用金庫秋田銀行も取り扱いを開始。みずほ銀行も今夏に導入を計画している。当面は法人顧客向けのみ。
ネット不正送金対策にカメラ付き認証端末 東京スター銀など :日本経済新聞
百五銀行のカメラ型トランザクション認証の説明ページを引用すると、顧客はネットで振込をする際に
①取引画面上に表示されるQRコードをカメラ型認証端末で撮影
②認証端末に表示された取引内容とパスコードを確認
③取引画面にパスコードを入力
することで安全に取引できる。
端末は1台は無償で提供されるが2台目からは5000円程度の実費がかかる。カード型認証端末なら1000円くらいなので少し高め。
f:id:memoyashi:20160530055022j:plain
百五銀行サイトから引用
http://www.hyakugo.co.jp/service/c_direct_tra_po.html

(追記)このシステムを提供しているのはNTTデータのアンサービズソル。認証端末はバスコ製。
インターネットバンキングサービスに「トランザクション認証機能」を追加 | NTTデータ

なお、法人向けインターネットバンキング「AnserBizSOL」に用いる二次元コード読み取り機能付きハードウエアトークンは、VASCO DATA Security International Inc.(バスコ・データ・セキュリティ・インターナショナル)が提供する「DIGIPASS 760」を採用しています。

関連記事