金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

大和証券がロボットアドバイザーによるラップ口座を提供開始

大和証券がロボットアドバイザーを利用したラップ口座サービスを2017年1月から開始する。最低投資金額は数十万円からと低めに設定している点や、ネットから全て取引できるということで、期待したいが、ラップ口座の手数料は通常割高なため、手数料がどれくらい低くなるかが気になるところ。
大和証券、ロボ助言のラップ口座 手数料下げ若年層開拓 :日本経済新聞

大和証券が来年1月に「ロボット・アドバイザー(ロボアド)」の技術を活用したラップ口座サービスを始める。最低投資金額をこれまでの300万円から数十万~100万円前後に下げ、オンラインですべての取引ができる。投資規模が小さくても活用しやすいサービスにして若年層の投資家を増やす。

関連記事