読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

保険ショップに影響大。5月29日に改正保険業法が施行

5月29日施行の保険業法の改正により保険代理店に対して適切な商品販売をする仕組み作りを求めたり、手数料の開示などが求められる。
無料保険相談の仕組みは以下の記事にもまとめています。

改正法29日に施行 契約者ニーズ把握など要求 :日本経済新聞

29日に施行する改正保険業法は保険ショップなどの代理店に適正な商品販売を求めるものだ。(1)アンケートなどで顧客の意向を正確に把握する(2)加入を判断するために必要な情報提供を義務づける(3)顧客情報の適切な取り扱いなど社内体制を整備する――ことなどが柱。複数の保険会社の商品を扱う場合、顧客の意向に沿った商品の提案や推奨理由の明示も義務づける。

さらに15社以上の保険商品を提供するか、手数料や報酬などが年10億円以上の「特定保険募集人」に当たる代理店には手数料の開示も求める。その際に収入源が特定の保険会社に偏っていれば、中立性に疑問があると見なされる可能性がある。「透明性の向上で手数料の引き下げ圧力が強まる」(ニッセイ基礎研究所井上智紀・准主任研究員)効果も見込める。

保険ショップに転機 金融庁、顧客重視へ規制強化 :日本経済新聞

保険会社にとっても保険ショップの信用が落ちれば、保険自体への不信感を招きかねない。特に長期の顧客になる若年層の取り込みで苦戦する生命保険会社にとって保険ショップは無視できない存在で、直接囲い込みに動き出している。

関連記事