読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

日銀が過去に銀行から買い取った株の売却開始。一方でETFは継続購入

2002~2004年と2009~2010年に日銀が銀行から買い取った株式の売却を開始した。4月に簿価で162億円、時価で300億円相当を売却した。利益率にするとプラス85%。

日経平均株価で見ても
2002~2004年の月末終値レンジが7831~11858円
2009~2010年が7568~11089円
2016年5月9日終値が16216円
となっており少なくとも50%以上の利益が出る模様。

毎年3000億円分の個別株を10年かけて売却する一方で、年3兆3000億円のETFを買い続ける。

日銀が個別企業の株式を直接的に保有することは公平性の面で懸念があるため順次売却する一方で、株価指数に連動し特定企業に片寄らず間接的に株価を買い支えるETFを買い増していく方針と思われる。
日銀が株売却開始 4月に162億円、ETF購入で相殺 :日本経済新聞

日銀は2002~04年と09~10年に銀行から株式を買い取っていた。銀行への不安が和らいだことから購入は10年4月でやめたが、株安を招きかねないため売却は先送りしてきた。

日銀が10日ごとに公表する営業毎旬報告によれば保有残高は4月に簿価で162億円減った。時価では300億円程度で信託銀行を通じて売却したとみられる。

関連記事