金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三菱UFJ信託が人工知能が運用する投信を2016年度内に個人投資家向けに販売開始

三菱UFJ信託がAI(人工知能)が運用する投信を2016年度内に個人投資家向けにも販売を始めるとのこと。
2008~2015年でのシミュレーションでは、平均9%の利益を毎年確保できたということで、本当なら夢のような商品。
三菱UFJ信託、AIが運用する投信 16年度内にも :日本経済新聞

脳科学の研究成果を導入したAIが毎日200弱の指標をチェックし、その日の運用を決める。具体的には高配当の株式50~100銘柄に投資し、株価が下がりそうなら先物を使ったヘッジ取引を増やす。将来的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)での発言動向も判断材料に組み込む方針だ。

このAIを使ったシミュレーションでは2008~15年度のすべての年で利益を確保できた。年率平均リターンは9%だった。三菱UFJ信託銀によると国内で米金融危機の08年度にプラスの運用成績を上げたファンドはない。株式上昇局面での収益拡大幅は指数運用より小さい傾向がある。

関連記事