金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ファミリーマート、ローソンなどのコンビニATM 一時システム障害

ファミマやローソンのコンビニATMでシステム障害が発生した。
ファミリーマートやサークルKのコンビニATMを運営するイーネットもローソンATMネットワークスもIBMが受託してシステム運用している模様。対外接続系のトラブルが想像されるが、中の人は大変そう。

大手コンビニ3社のATM 一時システム障害 NHKニュース

ATMに一時トラブルが起きたのは、「ローソン」が設置する全国およそ1万1000台と、「ファミリーマート」のおよそ1万台、それに「サークルKサンクス」のおよそ1000台です。
3社によりますと、7日午後6時ごろからシステムにトラブルが発生し、一時ATMで現金の引き出しなどができなくなっていましたが、午後7時半ごろまでにすべてのATMが復旧したということです。
ファミリーマートとサークルKサンクスは、「イーネット」という、コンビニなどにATMを設置する会社のシステムを利用しています。またローソンは子会社がATMを管理運営していますが、「イーネット」が使っているシステムと同じものを利用しているということです。

イーネットのブレスリリース
緊急のお知らせ | 株式会社イーネット

2015年3月6日にも、イーネット、ローソンが使えなくなるトラブルあり。
E-net、ローソンのATMで発生したお取引ができない事象について(対応済)|ジャパンネット銀行



たのしいインフラの歩き方

たのしいインフラの歩き方