読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ロシアがVisa、マスターに対抗するカード発行

ロシア独自のクレジットカード決済システムが稼働される見込み。2018年までには国内決済の50%が国家決済システムを通して行われるようになることを目標にしている。ロシア版SWIFTだったり、西側の決済システムに依存しない独自システムを広めようとしている。

ロシアの銀行35社連携 Visa、マスターに対抗するカード発行 | ZUU online

この試みはロシアの銀行35社との提携によるもので、既にガスプロムバンク、MDMバンク、モスクワ・インダストリアル・バンクなど7社がATMや決済、振替などの試運転済みだ。残り28社も同様のテストを年内には実施する予定だという。
以前から国外の決済カードがロシアの主要決済法となっていた現状を歓迎していなかったプーチン大統領は、昨年クリミア半島ウクライナからロシア領に編入したのを機に、ナショナル・ペイメント・カード・システムを開設。
VisaやMasterのサービスが撤退したため、小売店で国際決済カードに対応できなくなるなど、バンキング・システムの崩壊に苦しむ200万人の島人の生活を改善する目的で、自国の決済カード発行に乗り出した。