金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ヤンゴン証券取引所(YSX)が12月に開設

ヤンゴン証券取引所(YSX)が12月に開設される予定。大和総研が支援し開設当初から株券が電子化されるなど先端のシステムで稼働が始まる。上場基準は①資本金5億チャット(5000万円)以上、②直近二期が黒字、③株主数が100人超とカンボジアラオスに比べて緩い。アジアグリーンデベロップメント銀行、MAPCO(米商社)、FMI(不動産)などが上場の見込み。

ヤンゴン証券取引所、12月に開設(2) | ミャンマー株式ニュース

アジア最前線:IT官民連合、5年目の果実 - 法制度設計から入り込む:ITpro

ミャンマーは2013年8月、約80の条文からなる証券取引法を施行した。現在は下部法令である政令の最終調整中だ。日本の財務総研や金融庁が策定支援に当たっている。 JICA専門家としてミャンマー財務省に派遣された金融庁の矢野翔平氏は、最大都市ヤンゴンと首都ネピドーを飛び回る。「日本とミャンマー間の橋渡しのほか、ミャンマー財務省における人材育成が私の役割」と語る。 民間の動きも活発だ。大和総研とJPX(当時は東京証券取引所グループ)、大和証券グループ本社は2012年5月、証券業務に関するシステム設計や取引所運営のノウハウ支援、人材育成を目指す覚書をCBMと締結した。