金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

Fintech

三菱UFGとアカマイがブロックチェーンによる高速決済システムを開発

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)はAkamai Technologies(アカマイ・テクノロジーズ)とともに大量の決済を高速に処理できるシステムを開発した。2019年度の実用化を目指す。 新しい決済システムはブロックチェーンによる決済情報を処理するコアシステムと…

三井住友FGがマルチ決済対応端末開発へ

三井住友FGはクレジットカードやスマホ決済などを1台の端末で対応するシステムの開発を目指す。決済代行に強いGMOペイメントゲートウェイと組んでシステムの開発を進めることを協議している。新端末は三井住友カードの加盟店に展開し、カード会員の利便性向…

セブン銀行がコンビニATMでの現金受け取りサービスを開始へ

セブン銀行はコンビニATMなどで現金の受け取りができるサービスを始める。送金する企業が受け取りのための番号をメールなどで送り、受け取り者はコンビニATMにその番号を入力することで現金を引き出すことができる。ネットオークションの売上代金、通販の返…

ジャパネット銀行などが取引データを与信に活用へ

ネット銀行を中心に取引明細などの過去のデータを与信に活用する動きが広がっている。ジャパネット銀行は、ヤフオク!ヤフーショッピングに出店する事業者向けに融資を行っている。ECサイトの売り上げ動向などを統計的に分析、リスクを算定して融資判断に活…

口座開設時の本人確認 ネット完結を容認へ

金融機関での口座開設時の本人確認がネットのみで完結できるようになる見込みとのこと。これまでは転送不要の郵便物を送付して本人確認することが求められていたが、今後はビデオ通話による身分証確認、身分証と本人の顔写真のセットでの送付、銀行に顧客情…

LINEと損保ジャパンが損保販売で提携へ

LINEは損害保険ジャパン日本興亜と提携し、2018年中にLINEアプリ上で保険加入などを行えるようにする。まずは短期のレジャー向けの少額保険の取り扱いを目指す。LINEはサービスを充実させることで、利用者のアプリ利用機会を増やすことを狙う一方、損保ジャ…

日本生命保険が生体認証で本人確認を行うアプリを提供へ

日本生命保険は、声や指紋などの生体認証を使って本人確認を行い、手続きができるアプリの提供を始める。生体認証は、三井住友銀行がアイルランドのDaonなどと提携して作った新会社ポラリファイの生体認証基盤を利用する。ポラリファイはスマホアプリで声、…

日本ユニシスとマイクロソフトがクラウドで動く勘定系の開発を開始へ

日本ユニシスと日本マイクロソフトは、銀行の勘定系システムをクラウド上で構築・運用できるサービスの開発を始める。マイクロソフトがクラウド基盤、日本ユニシスが業務アプリケーションの開発を進める見込み。ユニシスの勘定系システムを利用する北國銀行…

新生銀行がグループ会社の顧客データの一括管理を開始へ

新生銀行は、クレジットカードのアプラス、ローンの新生フィナンシャルの3社の顧客データの統合管理を2018年7月にも始める。 各社のデータを一括管理し、クレジットカードと融資、ローンと資産運用などグループ会社を跨いだサービス提案をできるようにする。…

りそな銀行など3行が24時間対応の送金システムを開始へ

住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行はスマホを使って24時間いつでも銀行間送金ができるサービスを2018年夏にも開始する。SBIホールディングスやりそな銀行が参加する「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」はブロックチェーン技術を利用…

SBI証券がダークプールでの取引を個人投資家にも開放へ

SBI証券は大口投資家向けに提供されているダークプールでの取引を個人投資家にも提供を始める。資産残高が1000万円以上の顧客を対象にする。ダークプール、PTS、東証からより有利な条件を選んで取引が可能になるインターネット専業の証券会社は東証を介さな…

2017年の電子マネーの決済額が過去最高に

Suicaなど電子マネーによる決済額について、2017年は5兆1994億円で過去最高となった。2017年12月は5007億円で単月でも過去最高を更新した。2017年の決済件数は16年比4.5%増の54億2300万件となった一方で、1件あたりの決済額は16年比32円減の959円だった。電…

クレディセゾンが配車アプリのグラブ運転手向けの融資を開始へ

クレディセゾンは、東南アジアで配車アプリを提供するGrab(グラブ)の運転手向けの融資を始める。東南アジアでは、銀行口座の保有率が10%以下だったり、信用情報機関がなかったりという国が多く、これまで融資を受けられなかった。グラブ運転手の収入や顧客…

オリックスが中国のウィーキャッシュに出資へ

オリックスは、中国でビッグデータと機械学習を活用した与信プラットフォームを運営するWecash(ウィーキャッシュ、閃銀)に出資した。ウィーキャッシュは提携する銀行に、10秒以内に与信能力を判断して返すサービスを提供している。中国では個人間の少額の資…

スマートプラスが株式委託手数料ゼロの株式取引アプリをリリースへ

フィナテキストと大和証券グループが設立したスマートプラスは、株式委託手数料ゼロの株式取引アプリ「ストリーム」を発表した。株式取引時の約定を東京証券取引所だけでなくダークプールでも行い、ダークプールでより有利な取引ができた場合に、その利益の…

3メガバンクが決済用QRコードの統一規格策定に向けて連携へ

三菱UFJFG、みずほFG、三井住友FGはスマホ決済で利用されるQRコードの規格を統一を目指して検討を開始している。共同出資のシステム会社の設立や他の銀行にも参加を呼び掛ける方針。国内だとLINEペイ、中国のアリペイなどQRコード決済サービスは国内外で様々…

インターネット専業証券が東証を通さない株式売買ルートを拡大へ

インターネット専業の証券会社は東証を介さない株式売買ルートの拡大を進める。 松井証券は、大口投資家向けに提供しているダークプールと東証の価格を比べてより有利な条件で注文を行うようにする。 楽天証券もSBIジャパンネクスト証券とチャイエックス・ジ…

ベネズエラが仮想通貨ペトロの発行を開始へ

ベネズエラは仮想通貨petro(ペトロ)の発行を2月20日から開始すると発表した。 ベネズエラの石油埋蔵量を裏付けとして、1ペトロあたり60ドルで売り出しを開始する。国が主導するデジタル通貨では、ウルグアイの中央銀行が法定デジタル通貨eペソの試験運用を…

イオンがカンボジアで電子マネーサービスを開始へ

イオンはカンボジアで現地通貨建ての電子マネーの提供を4月から開始する。カンボジアでは銀行口座には維持手数料がかかることから銀行口座を持たない人が多く、電子マネーで決済需要の取り込みを目指す。イオンは2014年6月にカンボジアの首都プノンペンにイ…

スマートトレードが株式型クラウドファンディングで資金調達へ

株式売買アルゴリズムの売買プラットフォームを提供するスマートトレードは、クラウドファンディングで資金調達を行う。 出資の見返りに未公開株式を渡す「株式型クラウドファンディング」で投資を受け付ける。 投資受付はエメラダが行い、新株予約権は1口あ…

オリックスが連帯保証人に頼らない融資拡大目指す

オリックスは会計ソフトの弥生などと協力し、2017年から人工知能(AI)を活用した融資を開始した。受注状況や入金明細などのをもとに与信リスクを判断し、融資額や金利を自動算出する。同様の取り組みを行ってきた横浜銀行、福岡銀行とともにシステムの開発や…

三井住友海上とアリスマーが自動車事故の損害判定を行うAIを開発

三井住友海上火災保険はアリスマーと提携し、自動車事故の際に自動車の画像からパーツごとの損傷具合を人工知能(AI)で判定するシステムを開発した。2018年夏の実用化を目指す。ドアやバンパーなど27種類の部位について判定できる。海外ではアメリカのGalaxy.…

レオパレス21が家賃査定にAIを活用へ

レオパレス21は、人工知能(AI)による家賃査定を始める。これまでは本社が定めた家賃レンジをもとに各営業所の社員が詳細な家賃を決めていた。現場の負担を軽減するとともに、相場より低い家賃になるリスクを減らすことを目指す。周辺の相場や、築年数や間取…

スマートドライブが定額自動車リースを開始へ

スマートドライブは定額の自動車リースサービス「SmartDrive CARS」を2018年4月から開始する。車の車種を選ぶだけで、自動車税や自賠責保険、オイル交換や点検・車検まですべて込みで、毎月定額で車を利用することができる。シガーソケットに専用機器を差し…

オリックスが中国P2P金融の点融に出資へ

オリックスは中国のP2P金融の点融(ディエンロン)に出資した。 中国では個人間の少額の資金を融通するP2P金融が拡大しており、ノウハウの取得が目的と見られる。オリックス、中国のP2P金融大手に67億円出資 :日本経済新聞 オリックスはこのほど個人間の少…

税・保険を一括して電子申請 2020年に立ち上げ目指す

政府は所得税、住民税、年金、健康保険、雇用保険などの税・保険の申請を一括して電子申請できるシステムを2020年をめどに立ち上げを目指す。内閣府や財務省、厚生労働省、総務省が協議を進めている。導入コストから電子申請利用の障壁となっていた電子署名…

楽天が損害保険に参入へ、 朝日火災を買収

楽天が朝日火災海上保険を買収する。傘下に収める野村ホールディングスなどから株式を取得し、2018年夏にも100%子会社化することを目指す。楽天はアイリオ生命保険を2013年に子会社化し生命保険に参入したのに続き、朝日火災海上保険を傘下に収めることで損…

IIJがデジタル通貨のプラットフォーム構築を目指して新会社を設立

IIJ(インターネットイニシアティブ)は、デジタル通貨のプラットフォームを構築するために新会社ディーカレットを設立した。IIJが筆頭株主で、野村ホールディングス、伊藤忠商事、東日本旅客鉄道、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、東京海上日動火災保険なども…

Remitlyなどアメリカで国際送金アプリの利用が拡大

アメリカで従来の銀行窓口ではなく、スマホアプリを介した国際送金サービスの利用が拡大している。 最大手のRemitly(レミットリー)はインド、フィリピン、コロンビア、 ホンジュラス、 エクアドル、メキシコ、エルサルバドル、ニカラグア、グアテマラの10ヵ…

VISAが顔認証によるクレジットカード決済の実証実験を開始へ

VISAは顔認証でクレジットカード決済ができる仕組みを開発した。2月に 東京都内で開催されるイベントで実証実験を行う。顔認証にはNECの技術を採用している。NECは顔認証技術に関する蓄積や事例が多く、例えばUSJの顔パス入場システムに採用されている。パス…