金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

クレジットカード

JCBが指紋認証機能付きクレジットカードの実証実験を開始へ

JCBはカード本体に指紋認証機能のついたクレジットカードの実証実験を始める。カードに搭載された指紋読み取りエリアに指を重ねて決済端末にカードをかざすと決済が完了し、サインや暗証番号の入力は不要になる。4月から実証実験を開始、量産体制を整えた後…

クレディセゾンがクレジットカードのポイントを日本株・米国株に連動して運用するサービスを開始へ

クレディセゾンはセゾンカードやUCカードの保有者向けにクレジットカードのポイントを積立投資できるサービスを開始する。ポイントは、TOPIXに連動するものとS&P500種株価指数の連動するものを利用者が選択し、クレディセゾンがポイントに相当する資金を運用…

新生銀行がグループ会社の顧客データの一括管理を開始へ

新生銀行は、クレジットカードのアプラス、ローンの新生フィナンシャルの3社の顧客データの統合管理を2018年7月にも始める。 各社のデータを一括管理し、クレジットカードと融資、ローンと資産運用などグループ会社を跨いだサービス提案をできるようにする。…

JCBがQRコードの統一規格を開発へ

JCBは決済用QRコードの統一規格開発を目指す。子会社の日本カードネットワークがシステムを開発し、2018年中にもサービス提供開始する。QRコード決済の統一規格開発へ JCB :日本経済新聞 クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)はQRコード決済の…

イオンがカンボジアで電子マネーサービスを開始へ

イオンはカンボジアで現地通貨建ての電子マネーの提供を4月から開始する。カンボジアでは銀行口座には維持手数料がかかることから銀行口座を持たない人が多く、電子マネーで決済需要の取り込みを目指す。イオンは2014年6月にカンボジアの首都プノンペンにイ…

VISAが顔認証によるクレジットカード決済の実証実験を開始へ

VISAは顔認証でクレジットカード決済ができる仕組みを開発した。2月に 東京都内で開催されるイベントで実証実験を行う。顔認証にはNECの技術を採用している。NECは顔認証技術に関する蓄積や事例が多く、例えばUSJの顔パス入場システムに採用されている。パス…

金融庁が金融機関のIT管理体制監視を強化へ

金融庁は金融機関のIT管理体制を強化させるための点検項目を作成し、2018年7月から金融機関への検査への活用を目指す。 金融機関は利便性向上や業務効率化のために、AWSなどクラウドの利用、ブロックチェーン、生体認証など新しい技術の検証や業務利用を進め…

三井住友カードが電源・液晶付きクレジットカードを発行へ

三井住友カードは、カードに備えた電源のオン・オフにより、カード表面にクレジットカード番号を表示させ、ICチップを有効化できるカードの発行を2018年2月にも始める。カードには数字キーも備えており、電源をオンにするには暗証番号を入力する必要がある。…

JCBが手のひら決済を開発 スマホだけで取引が可能に

JCBはスマホで撮影した手のひらを使って本人確認を行い決済ができる仕組みを開発した。2月からJCBの社員を対象に実証実験を始める。 ユニバーサルロボットの持つ手相と静脈の位置から本人認証を行う技術を採用している。 利用者はまずスマホで手のひらを撮影…

りそな銀行がデビットカード払いに対応した自動販売機を設置へ 伊藤園と組む

りそな銀行は伊藤園と組んでデビットカード払いのみ対応した自動販売機を銀行店頭に設置する。現金は使えない。都内などの店舗で試行して、その後はりそな銀行全店への展開も目指す。りそな銀行、「現金お断り」自販機 デビットカードに絞る :日本経済新聞 …

アメリカンエキスプレスが全世界で決済をサインレスに

アメリカン・エキスプレスは、2018年4月から全世界の提携店でカード決済をサインレスにする。不正利用の防止技術の向上により、サインが不要となったため。 同業ではマスターカードも2018年4月からアメリカとカナダでサインレスになる見込み。 アメックス、…

Glintが金を裏付けとするデビットカードサービスを開始

イギリスのFintech企業Glint(グリント)が、金(ゴールド)で決済できるデビットカードの提供を始めた。グリントで金を購入するとデビットカードが発行され、そのカードで買い物すると、代金分の金が売却される仕組み。Glintのカード自体はMastercardブランド…

VISAプリペイドにビットコイン入金が可能に ビットフライヤーがサービス開始へ

ビットフライヤーはVISAブランドのプリペイドカードにビットコインで入金できるサービスを10月6日に始める。アプリを通してプリペイドカードに入金する。入金は1回に3万円まで、月に12万円の制限がある。 ビットフライヤーにビットコインの口座の持つ利用者…

東京海上日動がストライプと提携してEC事業者向け保険を開始へ

東京海上日動火災保険は、クレジットカードの不正利用によるEC事業者の損失を補償する保険の提供を開始する。ストライプと提携し、EC事業者の取引情報などをリアルタイムで把握、不正利用を検知すると、瞬時に把握できるようになる。東京海上日動、カード不…

みずほ銀行がスーパーなどのレジでの預金引き出しに対応へ Jデビットを活用

みずほ銀行は2018年4月からスーパーのレジなどで現金を引き出せるサービスを始める。すでにある「Jデビット」機能をレジでの現金引き出しに対応させる。引き出し上限額やサービス提供時間、手数料の有無は事業者が決められる。Jデビットカードの利用件数は年…

三井住友FGとヤフーがビッグデータ分析で提携へ

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)とヤフーは、SMFGの持つ顧客情報などビッグデータのデータ分析で提携する。銀行口座から顧客属性と取引明細を分析し、教育ローンや住宅ローンの見込み客を見つけ出し、商品提案を行えるようにするなど、効率的に営業で…

Visaが中国での決済業務免許を申請へ

Visaは中国でクレジットカードの決済機関としての免許取得を申請した。MasterCardも申請に向けた準備を進めている。 中国では外資系企業もカード発行や加盟店の開拓は認められていたが、これまで決済機関としての認可は行われていなかった。 今春にアメリカ…

経済産業省が金融ベンチャー向けの指針整備へ

経済産業省は家計簿アプリを手がけるベンチャー向けの個人情報管理やセキュリティ対策に関する指針を今年度内に策定する。 家計簿アプリなどの金融サービスを手がけるベンチャー企業については、システムのセキュリティレベルや個人情報保護体制の整備状況、…

ローソンでオリガミペイが利用可能に

ローソンはOrigami(オリガミ)と提携した。決済サービス「オリガミペイ」が全国のローソン1万3千店で利用可能となる。ローソンはアリペイとも連携するなど決済手段を拡大させている。 ローソン、「オリガミペイ」を全店導入 :日本経済新聞 決済サービスのO…

りそな銀行がキャッシュカードにVISAデビットを標準搭載へ

りそなホールディングスは参加のりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行で2017年10月からキャッシュカードにVISAデビット機能を標準搭載する。VISAデビットカードをつけても年間手数料は無料となる。 また、キャッシュカードを即時発行できる機器も2018年…

金(ゴールド)を裏付けにしたデビットカードがイギリスで誕生

※2017年12月4日追記。サービスを開始 イギリスのグリント(Glint)社は金(ゴールド)で決済できるデビットカードを6月から提供を始める。 グリントで金を購入するとデビットカードが発行され、そのカードで買い物すると、代金分の金が売却される仕組み。 日本…

三井住友カードがDataRobotを導入 販促や与信に活用目指す

三井住友カードは、アメリカのベンチャー企業データロボットの機械学習ソリューションを導入した。販促や与信管理への活用を目指す。DataRobotは過去のデータから特徴や傾向を分析し、未知のデータから答えを予測する機械学習モデルをユーザ自身で作成できる…

おつりを投資するFintechサービスが日本でも拡大へ

Acorns(エイコーンズ)のようなクレジットカードで買い物した際にお釣りを自動的に積み立てて投資してくれるサービスが日本国内にも広がりつつある。ネストエッグは住信SBIネット銀行と連携し、同行のVISAデビットカードで買い物をするとおつりが貯金されるだ…

マクドナルドがクレジットカードや電子マネーなど支払い手段を多様化へ

マクドナルドは2017年夏からクレジットカードや電子マネーでの支払いに順次対応する。 クレジットカードはVisaやMastercardなど主要国際ブランドに対応する。 電子マネーは2008年からiD、WAON、楽天Edyに対応しているが、さらにSuica、PASMO、nanacoなどにも…

日本のAmazonが銀聯カードでの決済に対応

日本のAmazonが銀聯カードでの決済に対応を開始する。日本国内で生活する中国人などの取り込みを目指す。 アマゾン、日本の通販サイトで銀聯カード対応 :日本経済新聞 アマゾンジャパン(東京・目黒)は15日、日本の通販サイトの決済で銀聯カードに対応する…

JCBとナウキャストがクレジットカード決済データから消費指標を算出へ

JCBは東大発のベンチャーのナウキャストと連携して、クレジットカードの決済データから個人消費に関する指標を算出し提供を始める。新指標は15営業日ごとに月2回公表し、政府統計よりも実態に即した統計の早期の提供を目指す。当初1年間は無料とし、その後…

ローソンがアリペイでの支払いに対応へ

ローソンはアリババの電子決済プラットフォーム「支付宝(アリペイ)」を全国13,000店に導入する。日本円での買い物を人民元で決済できるようになる。 アリペイは、訪日観光客の取り込みを目指して、日本国内でも百貨店など利用できる店舗、サービスが増えて…

国民年金保険料の2年分前払いにクレジットカードが追加に

2017年4月から国民年金保険料の2年分前払いについて、現金とクレジットカードが利用可能になる。これまでは2年分前納は口座振替しか利用できなかった。 事前に年金事務所で申し込みが必要だが、毎月払うより約1万5000円安くなる。1月20日より受付が開始…

日立キャピタルが法人カードの不適切利用監視サービスを開始

日立キャピタルはクラウド経費精算のフリーダムジャパンと連携して、法人向けカードの不適切な利用を防止するサービスを開始した。 事前に管理者が利用可能金額、利用可能日、時間帯などの条件を設定し、条件に当てはまらない場合はカードを使えなくしたり、…

クレジットカードのデータ標準化WGが検討内容を取り纏め

経済産業省は2016年7月から開催していた、クレジットカード決済に関する必要なデータ標準化を行うための「クレジットカードに関するデータ標準化ワーキンググループ」での検討内容を取り纏めた。 加盟店契約会社(アクワイアラ)で異なる加盟店の所在地情報…